読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化粧っ気のないジャニオタがポイントメイク講座を受けてきた

長文をまとめるのが非常に苦手であり、感想をざっくばらんにお話することになりますが、ジャニオタで大流行中のはてなブログでジャニオタが美容を語る、というものをしてみむとてするなり。

百貨店にて無料で行われているポイントメイク講座を受けてきた。

ので、そのレポを。

まず私の化粧意識レベルについて述べておきますと、学生という立場に甘え高校生まではおろか、大学に入ってもなお化粧っ気がありませんでした。最近は顔面にお粉をはたき、眉毛、チークくらいは施すのですが苦手意識が強い上に実際ボロクソに下手です。母親も化粧をする機会が少なく、化粧っ気がないことに指摘されるような環境ではありませんでしたが、就職活動に伴い化粧が必要不可欠になることで最近危機感を覚えはじめました。化粧をしていない期間が長く、その遅れを取り戻さなくてはなりません。まず化粧のセンスがないのです。

学内で就活メイク講座が行われた際、口紅の塗る適量を教わったのですが「大丈夫かな!?ブスが焼肉食べてきたなって感じになってない!?唇ツヤツヤも私がその状態だとテカテカでそれは脂だと思われない!?」との発言をしてしまい美容部員から苦笑をいただく程度にはセンスがありません。

その程度の化粧っ気のなさのジャニオタ女がポイントメイク講座を受けたお話です。

 

ちなみに以前コントロールカラー診断は受けております。

f:id:ponyskajneo:20170330225246j:plain

カラータイプは夏。夏に抱かれたジャニオタです。恋はサーフィン夏色にイェーイェー。青色紺色が似合うが黄色は似合わない。

掛け持ち勢なので一部自担カラーが似合わないという結果になってしまいました。ジャニオタなので自担カラーは意識しがちです。黄色は私が身につけるには高尚すぎる色のようです。つまり黄色が似合う自担ってすごくない奇跡?そりゃあ私には黄色を身につけるのはおこがましいですよ。でも自担カラー青でもあるので掛け持ちって便利ですね。

 

ここを踏まえて今回のポイントメイク講座入ります。

コントロールカラー診断の際に面談し、よく着る服やコスメの色に関してアンケートをとられていたのですが、そのときのデータが残っており、時々参考にしつつ面談が進みます。

面談内容

  • どんなメイクを希望か。

→どんな服でも大丈夫なスタンダードなメイク。とにかく化粧が必要になった時に困らないようなメイクを教えてほしい。

  • コントロールカラー的にはベージュ、ピンク、オレンジがおすすめだが。色味の希望はあるか。

→客観的な判断で選んでほしい。ただ瞼が重いので腫れぼったく見えないかは気になる。

  • チーク、色味は普段使ってるようなものにするか、使ってみたい色味はあるか

→似合うやつで。

  • リップは荒れたものや、使いたくない色味はあるか。何か希望はあるか。

→赤は勇気がでない。色味に関して希望はないが、YSLのリップは匂いが合わなかったため避けたい。これはコントロールカラー診断時に以前リップクリームで荒れた経験をアンケートに書いたためと思われます。

  • 特に気になるポイントはどこか。

→眉毛がいつもわからなくなる。アイシャドウも塗り方とかよくわかっていない。特に眉は失敗しがちなので教えていただきたい。

 

以上を踏まえBAさんコスメ集めに走る、私コスメ誌渡されたのでとりあえず読む。

BAさんが化粧品売場よりコスメをピックアップしてくださいました。実際にタッチアップしていただきながらアドバイスをいただきます。

f:id:ponyskajneo:20170330225252j:plain

アイシャドーだけ色味を確認されました。こだわりないので選ぶのも困ってしまいます。ほかに関しては特に意見は聞かれませんでした。

アイシャドー選択

おまかせしたらピンクのシャドーを3種選んできてくださいました。具体的な名称は勘弁してください。

アクセーヌの3色シャドウ、

ルナソル3色シャドウとアナスイ単色ピンクシャドウ、

ポルジョ3色シャドウ、

以上3種の色味を見せていただき、好みで選ばせていただきました。

→ポルジョ選択。

発色が弱めでキツくなく、何よりラメの輝きがきれいでコンサートで輝く自担を思い出してしまいました。他の色もキレイでかわいかったのですが、ルナソルはパレットの色配分が使っていくうちに偏りが生まれそうだった(実際減りに偏りが見られました)ため、アクセーヌのシャドウはタッチアップしていただいたことがあるため今回はポルジョで。

 

アイシャドウも決定したので順番にタッチアップしてもらいますワクワク。メイク時のコツを教わりながらタッチアップしてもらいます。以下覚えてる限り言われたことを書いておきます。

アイメイク

ブラシで載せる際は顔の外側から内側へ(→鼻←って感じ)に載せると失敗しない。
目のくぼみにピンクをのせて二重幅ちょっと広めにベージュ、目尻と目の下に締め色をのせる。
アイラインはジェルライナーがオススメ。リキッドを粉で練っていてリキッドとペンシルのいいとこ取り。チップ付きなのでぼかしてなじませることが可能なため絶対失敗しない。絶対失敗しないってのは化粧下手をなめられちゃ困りますが・・・。
マスカラもマスカラ下地と繊維なしのマスカラで自まつげきれいに見せる。RMKのビューラーが良いらしいとのこと。私はビューラーがめんどくさい上に失敗するのでまつげパーマして済ませます。

 

リップ・チーク・ハイライト

このあたりはサラッと終わりました。

グロスは唇の中央付近のみ。

HACCIの保湿美容液を匂いとか味もないので、と言ってのせてくれたのですが正直申し上げて美味しかったです。
ハイライトは鼻筋にしっかり伸ばすと鼻が長く見えちゃうから鼻のくぼみまでにするときれいに見える。目元のCラインにもささっとのせる。

 

アイブロウ

私自身が今回一番相談したかったところです。
下がり眉、自称子泣き爺眉で左右のバランス悪い割にしっかり生えていらっしゃるため自眉の主張激しく、どうやって書けばいいのかずっと悩んでおりました。でも抜いたりして生えなくなるのは怖い・・・。
パウダーはどうにも難しくふだんはペンシルで書いている旨を伝え、ペンシルで一度眉毛を書いてもらいました。ペンシルのほうが眉尻あたりは書きやすいです。パウダーの方が印象は柔らかくなるようですが。
ここで施してもらった眉毛が並行太眉でがっつりと書いていただきました。小鼻と目尻を繋いだ先に眉尻をもってくると思っていたのですが、最近の流行は口角と目尻を繋いだ先に眉尻を持ってくるんですね。

自眉しっかり生えてるウーマンで眉毛の主張が気になってしまい、薄い眉毛にひっそり憧れていた私はどうしても違和感が拭えず。

ただこのときに眉毛コンプレックスなことを担当してくれたBAさんにお話したところ

  • 言うほど下がり眉ではない、眉山、眉尻、眉頭の位置は良い。どうしてもほっとくと眉毛の毛流れが下がって下がり眉に見える。
  • ただ右眉の一部をカットするともっとバランスよくなるかも。

とのことでした。

BA「眉毛の毛流れもいいし、毛質も柔らかくていいと思いますけどね~」

といわれましたが思わず

私「そうですかね~??人の眉毛の毛質は触ったことないのでわからないです~」

と答えてしまいました。眉毛の柔らかさや剛毛に関してご存知の方はぜひ柔らかい眉毛硬い眉毛とはどのような柔らかさなのか教えてください。

並行太眉に「見慣れないだけだとは思うんですがやっぱ気になりますね~」とゴネていたら社員BAさん現れました。内心ヤッベ・・・状態です。
そこで一度描いてくださった眉を薄め、もう一度やり直すことに。ごめんBAさん。。。

ここで社員BAさんに眉マスカラの導入をおすすめされました。眉マスカラは髪色だけでなく瞳の色とも合わせないと顔から浮いてしまうため色選びが大切。
市販のブラウン眉マスカラは黄味が強いものが多いのですが、黒髪なのでグレーっぽいブラウンの眉マスカラをすすめられました。タッチアップしたところ印象柔らかくなって自然でとても良いです。並行太眉も太さを抑えより自眉に近い形にしていただきました。

 

眉メイクをしっかりやっていただきました。本来60分の講座のところ眉毛でゴネて90分近く居座る結果に。

私はコントロールカラー診断を以前受けていたので、そのカルテを踏まえたアドバイスも多少話してくださいます。
とにかくベーシックな、化粧しなきゃいけない!ってなったときに困らない化粧を教えてもらいたくて受けましたが、カラーメイク挑戦したいけどどうしたらいいかわからないとか、そんな場合も利用できそうなので、何度受けてもいいと思います。
その時の流行に合わせてメイクしてくれる、教えてくれると思います。ただその分自分に合ったメイクかというのは微妙なところかと思います。骨格とかまで見ているわけではないです。

 

ベースメイク講座は別枠で60分かけてやってくれるみたいなのでまた次はベースメイク、スキンケア診断も受けたいな〜と思っております。おわり。

 

 

追記

スキンケア診断予約しました。学校の都合あいそうだったらまたいってきます。